アロマテラピーとは?

アロマテラピーとは?アロマテラピーという言葉が使われはじめたのはわりと最近のことです。けれども、その技術自体は古代エジプト の時代にすでにあったようです。 そんな昔から使われてきているんですね。

アロマテラピー(アロマセラピー)ってよくいいますけど、アロマテラピーっていったい何なのでしょう?アロマテラピーは、AROMA (芳香)、THERAPY(療法)となり、アロマテラピーとは芳香療法を意味します。

英語読みではアロマセラピー、フランス語読みではアロマテラピーとなります。日本ではアロマテラピー呼ぶのが一般的のようです。

アロマテラピーは植物から取り出した香りを使って、心と身体を健康にするという植物療法の1つです。
つまり、ハーブや樹木、果実などの植物から抽出した100%天然の精油(エッセンシャルオイル)を活用して、心身の健康や美容に役立てようという芳香療法のことなのですね。

それでは精油(エッセンシャルオイル)とはなんなのでしょうか?

精油(エッセンシャルオイル)とは

実際にアロマテラピーの使い方・楽しみ方を知りたい方はこちら⇒アロマテラピーの使い方・楽しみ方

アロマテラピーの知識

アロマテラピーの知識のトップページにもどる
アロマテラピー香りのある生活のトップページにもどる

このページの先頭へ