精油(エッセンシャルオイル)とは?

精油(エッセンシャルオイル)とは?精油というと、その文字のイメージからオリーブ油やアーモンド油などの植物油と同じと思ってしまいがちですが、まったく別の物質です。

アロマテラピーは芳香療法のことですが、アロマテラピーで使う『精油』とはいったいどのようなものなのでしょうか?

精油の定義
公益社団法人 日本アロマ環境協会では<精油の定義>>を以下のようにいっています。
精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。 有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。
精油(エッセンシャルオイル)は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるものです。

精油の3つの性質
精油とは一言で言うと「香りのもと」になります。そして3つの大きな特徴を持っています。
・何よりも強い香りをもっています。(芳香性といいます)。
・空気中に放置しておくとどんどん蒸発していきます(揮発性といいます)。
・水より軽く、水に溶けにくい性質ですが、油には非常によく溶けます(親油性または脂溶性といいます)。

精油の正体
精油というと『油』という字が使われているため、植物油などの油と同じだと誤解している人も多いようです。けれども精油は油脂とはまったく違うものです。

精油の正体は『有機化合物』です。有機化合物というとちょっと難しい感じがしますが、天然の化学物質が数百種集まってできたものです。 これらの有機化合物はその構造や働きによって香りや作用が変わってきます。


それぞれの香りと効能
ですので、精油ごとに独特の香りがして、さらにいろいろな効能が生まれます。
ある精油の香りをかぐと多くの人がリラックスできるといい、身体にも鎮静効果が現れてきます。

また違う精油の香りをかぐと多くの人がスッキリするといい、身体にも刺激が与えられて活性化したりします。それぞれの精油を理解して自分のもにしていくとさまざまな面で活用できます。

精油は100%安全ではない
精油は植物から抽出した100%天然のものです。けれども成分がかなり濃縮されているので、精油の取り扱いを理解して扱うことが必要です。きちんと使用すればまったく危険なものではありません。


それでは精油にはどのような作用があるのでしょうか。
精油の作用へ

実際にアロマテラピーの使い方・楽しみ方を知りたい方はこちら⇒アロマテラピーの使い方・楽しみ方

アロマテラピーの知識 アロマテラピーの知識のトップページにもどる
アロマテラピー香りのある生活のトップページにもどる

このページの先頭へ