ペパーミント(Peppermint)精油(エッセンシャルオイル)

ペパーミント(Peppermint) 特におすすめの精油♪

teatreefarmsオーストラリアンペパーミントオイル ティーツリーファームズはオーストラリアにある会社です。直販なので、高品質な精油をお値打ち価格で手に入れることが出来ます。
こだわって作っているので種類は少ないですが、ペパーミントはあります。



*ティーツリーファームズの商品一覧はこちら♪⇒商品の紹介
*オーストラリアンペパーミントオイルの特徴、詳細⇒オーストラリアンペパーミントオイル

ペパーミント おすすめの精油 
GRIA(ガイア)通販 生活の木(Herbal Life)通販
GAIA(ガイア)はプロバンスの伝統、270年の歴史があります。
酸化防止のためにボトル内に窒素ガスを充填しているので、キャップを開けない限り長期間の保存が可能になっています。
値段は他に比べて少しお値打ちになっているようです
生活の木(Herbal Life)は四半世紀の歳月をかけてハーブを日本に紹介し、用途開発をしながらハーブのある生活を創造してきました。
ロットごとの分析表が添付されているので、安心して使えます。
日本ではおなじみですね。

上はGAIA (ガイア)ペパーミント精油 5mlです。

上の写真はHerbal Life(生活の木)ペパーミント精油 10mlです。

ペパーミント(Peppermint)のプロフィール
アロマのペパーミント 項目 特徴
学名 Mentha piperita
おもな成分 モノテルペンアルコール類のメントール
ケトン類のメントン
オキサイド類の1,8シネオール
科名、抽出部位、方法 シソ科  葉  水蒸気蒸留法
ノート トップノート (立ち上がりの早い香り)
心に対する働き 頭をすっきりさせ、気分をリフレッシュさせます。
体に対する働き 吐き気や、乗り物酔いや時差ぼけの気分を楽にしてくれます。
胃腸などの不調や頭痛、花粉症、鼻づまり、せきやぜんそくなどの呼吸器の不調をやわらげます。 また、筋肉痛や打撲などの炎症を鎮めます。
肌に対する働き 毛細血管を収縮させ、冷やす作用があるので、炎症やかゆみや日焼けの症状をやわらげる働きがあります。
注意事項 ※敏感な肌に対しては刺激になる場合がありますので、1%以下の低濃度からはじめてください。
精油の使い方の例

眠気を覚まして気分をすっきりさせてくれるので、勉強や仕事の能率を上げたいときに 芳香浴や水蒸気蒸留法を。

また胃腸の調子の悪いときや便秘のときなどは、おなかを温湿布やトリートメントするとよいでしょう。(例 マカデミアナッツ油10mlにペパーミント2滴)

筋肉痛などにも幹部をトリートメントするのがよいです。

殺菌や防虫作用もあるので、台所にスプレーしたり、虫をよせつけたくないところにスプレーする とよいです。

トリートメントはアロマテラピーの楽しみ方、利用法を参考にしてください。

ミント(はっか)類は繁殖力が強く、いろいろな種類があります。

なかでももっともポピュラーなのがぺパ-ミントで、ウォーターミントとスペアミントの交配種で多年生のハーブです。
古代エジプト、ギリシア、ローマ時代より親しまれ、使われてきました。
主成分のメントールは、医薬品や歯磨き粉やおかしなどの香りづけに昔から使われてきました。

眠気覚ましや食欲増進、そして最近ではO-157の殺菌効果も証明されています。

ペパーミントはアロマテラピー検定1級、2級対象精油です。
☆アロマテラピー検定からみた「ペパーミント」の精油のポイント


・科名  しそ科
・抽出部位 葉 
・気分をスッキリさせるので、乗り物酔いや眠気覚ましに役立ちます。


【アロマテラピー検定1級、2級の精油一覧】
イランイランオレンジ・スイート:カモミール・ローマン:カモミール・ジャーマンクラリセージグレープフルーツサイプレスサンダルウッド(白檀)ジャスミンジュニパーべリースィートマージョラム :ゼラニウムティートリー(ティーツリー)ネロリパチュリブラックペッパー:フランキンセンス( オリバナム/乳香 )べチバーペパーミントベルガモットベンゾイン(安息香)ミルラ(マー/没薬)メリッサ(ペパーミント(Peppermint)バーム)ユーカリ(ユーカリタプス)ラベンダーペパーミント(Peppermint)ペパーミント(Peppermint)グラスローズアブソリュートローズオットーローズマリー

アロマテラピー検定1級、2級の以外の精油も載せています。

精油(エッセンシャルオイル)の一覧のトップページにもどる
アロマテラピー香りのある生活のトップページにもどる

このページの先頭へ