ローズマリー(Rosemary) 精油(エッセンシャルオイル)

ローズマリー おすすめの精油♪
GRIA(ガイア)通販 生活の木(Herbal Life)通販
GAIA(ガイア)はプロバンスの伝統、270年の歴史があります。
酸化防止のためにボトル内に窒素ガスを充填しているので、キャップを開けない限り長期間の保存が可能になっています。
値段は他に比べて少しお値打ちになっているようです
生活の木(Herbal Life)は四半世紀の歳月をかけてハーブを日本に紹介し、用途開発をしながらハーブのある生活を創造してきました。
ロットごとの分析表が添付されているので、安心して使えます。
日本ではおなじみですね。

上はGAIA (ガイア) ローズマリー 精油 5mlです。

上の写真はHerbal Life(生活の木)ローズマリー・シネオール 精油10mlです。


ローズマリー(Rosemary)のプロフィール
アロマのローズマリー 項目 特徴
学名 Rosmarinus officinalis
おもな成分 オキサイド類の1,8-シネオール
モノテルペン炭化水素類のα-ピネン
ケトン類のカンファー
科名、抽出部位、方法 葉、水蒸気蒸留法
ノート ミドルノート (ゆっくりと立ち上がる香り)
心に対する働き 精神的に疲労していたり無気力になっているときに元気づけてくれます。
頭脳を明晰にさせ、記憶力、集中力を高めてくれます。
体に対する働き 肺の働きを強め、風邪やぜんそく、気管支炎などをやわらげます
鎮痛作用があるので、筋肉痛や痛風、リウマチ痛などをやわらげます。
血圧を上げる作用があるので、低血圧を正常にします。
肌に対する働き 収れん作用があるので、たるんでいる皮膚やむくみなどをひきしめます。
頭皮を刺激して、抜け毛やフケなど頭皮のトラブルも改善します。
注意事項 ※刺激が強いので、てんかんや高血圧の方の使用はさけてください。
精油の使い方の例

受験生の勉強部屋や仕事の能率を上げたいときに。頭をすっきりさせたいときに。 眠気をさましたいときに。芳香浴やアロマバスを。

筋肉痛にはアロマバスを、ラベンダーやスイートマジョラム、クラリセージなどとブレンド してもよいです。

抜け毛などには、ラベンダーやイランイランとブレンドしてトリートメントオイルをつくり、 髪にマッサージしてから洗髪します。

トリートメントはアロマテラピーの楽しみ方、利用法を参考にしてください。

今世紀になって、ローズマリーの香りが、脳のなかの大脳辺縁系の海馬という記憶を つかさどる組織に働きかけて、記憶力や集中力を高めるということが解明されました。

ローズマリーの学名のRosmarinusはラテン語で「海のしずく」という意味のロスマリヌスからきています。
これはローズマリーが地中海沿岸の海辺に生育することと、淡いブルーの小さな花が海の色を連想させる ためだと言われています。

また、ローズマリーは「若返りの精油」として知られています。これは抗酸化作用(老化防止作用)や、 血液循環を促進し、記憶力や集中力を高める、といった作用を表しています。
ハンガリーのエリザベス女王は、ローズマリーを主成分としたハンガリアンウォーターを化粧水に使って、 肌の若々しさを取り戻し、77歳の時に隣国のポーランドの国王からプロポーズされた、 といい伝えられています。

ローズマリーはアロマテラピー検定1級、2級対象精油です。
☆アロマテラピー検定からみた「ローズマリー」の精油のポイント


・科名 シソ科
・抽出部位 葉 (花ではない)
・学名は「海のしずく」という意味がある。「マリア様のバラ」というニックネームもある。
・香りはカンファー(樟脳)のような香りがする。(甘い香りではない。)
・ハンガリアンウォーターの主成分として使われていた。


【アロマテラピー検定1級、2級の精油のプロフィール一覧】
イランイランオレンジ・スイート:カモミール・ローマン:カモミール・ジャーマンクラリセージグレープフルーツサイプレスサンダルウッド(白檀)ジャスミンジュニパーべリースィートマージョラム :ゼラニウムティートリー(ティーツリー)ネロリパチュリブラックペッパー:フランキンセンス( オリバナム/乳香 )べチバーペパーミントベルガモットベンゾイン(安息香)ミルラ(マー/没薬)メリッサ(レモンバーム)ユーカリ(ユーカリタプス)ラベンダーローズマリー(Rosemary)レモングラスローズアブソリュートローズオットーローズマリー

アロマテラピー検定1級、2級の以外の精油も載せています。

精油(エッセンシャルオイル)の一覧のトップページにもどる
アロマテラピー香りのある生活のトップページにもどる

H3用のテキストが入ります。

このページの先頭へ