べチバー 精油(エッセンシャルオイル)

べチバー おすすめの精油♪
GRIA(ガイア) 生活の木(Herbal Life)
GAIA(ガイア)はプロバンスの伝統、270年の歴史があります。
酸化防止のためにボトル内に窒素ガスを充填しているので、キャップを開けない限り長期間の保存が可能になっています。
値段は他に比べて少しお値打ちになっているようです
生活の木(Herbal Life)は四半世紀の歳月をかけてハーブを日本に紹介し、用途開発をしながらハーブのある生活を創造してきました。
ロットごとの分析表が添付されているので、安心して使えます。
日本ではおなじみですね。

上の写真はGAIA(ガイア) べチバー 精油 5mlです。

上の写真は(生活の木 )べチバー 精油 10mlです。

べチバー(Nerori)のプロフィール
項目 特徴
学名 Vetiveria zizanoides
おもな成分 セスキテルペンアルコール類のベチベロール
ケトン類のベチボン、べチべロン
科名、抽出部位、方法 イネ科、根、水蒸気蒸留法
ノート ベースノート(安定して長く持続する香り)
心に対する働き 鎮静作用があり深くリラックスさせてくれます。
緊張やストレスに作用するといわれています。
体に対する働き 血液循環を活発にして筋肉痛や疲労回復に役立ちます。
眠れないときなどの助けになります。
肌に対する働き 脂性肌やニキビなどのトラブルによいとされています。
精油の使い方の例

心を落ち着けたいときやリラックスしたいときに。不安や心配ごとがあるとき、落ち込んでいるときに。 眠れないときに。芳香浴やアロマバスを。<

ベチバーのエッセンシャルオイル(精油)は、インドやスリランカでは「安静の油」とも呼ばれています。
「安静の油」の別名の通り、鎮静作用があるので、緊張やストレスをやわらげて、 心を落ち着かせてくれるエッセンシャルオイル(精油)です。

べチバーはベンゾイン(安息香)と同じように粘度が高いエッセンシャルオイル(精油)です。 瓶を逆さまにしても、なかなか落ちてきません。

べチバーを他の精油とブレンドですると香りを長く持続させることができます。 香水のベースノートとしても使用されています。

べチバーはサンダルウッドやパチュリ、フランキンセンスと同じように、年月が たつと香りがよくなる数少ないエッセンシャルオイル(精油)の一つです。

べチバーはアロマテラピー検定1級対象精油です。
☆アロマテラピー検定からみた「べチバー」の精油のポイント


・科名 イネ科
・抽出部位 根

【アロマテラピー検定1級、2級の精油のプロフィール一覧】
イランイランオレンジ・スイート:カモミール・ローマン:カモミール・ジャーマンクラリセージグレープフルーツサイプレスサンダルウッド(白檀)ジャスミンジュニパーべリースィートマージョラム :ゼラニウムティートリー(ティーツリー)ネロリパチュリブラックペッパー:フランキンセンス( オリバナム/乳香 )べチバーペパーミントベルガモットベンゾイン(安息香)ミルラ(マー/没薬)メリッサ(べチバーバーム)ユーカリ(ユーカリタプス)ラベンダーべチバーべチバーグラスローズアブソリュートローズオットーローズマリー

アロマテラピー検定1級、2級の以外の精油も載せています。

精油(エッセンシャルオイル)の一覧のトップページにもどる
アロマテラピー香りのある生活のトップページにもどる

H3用のテキストが入ります。

このページの先頭へ